ペリドット (和名 : カンラン石)
8月の誕生石
天秤座の守護石

邪念や欲望を自制し、物事の本質を的確に捉えるパワーを与えてくれる宝石

宝石言葉 : 希望、友愛、夫婦の和
ペリドットは和名でカンラン石と呼び、カンランとはオリーブのことを意味し、それはこの石が黄色がかった濃い緑、つまりオリーブ・グリーンをしていることから名付けられました。その昔、アラビアの海賊たちが航海の島に難破し、飢えをしのぐため土を掘り、草や根を取っている時に発見したいう説があります。やがてヨーロッパに伝えられたペリドットは、当時宝石といえば色彩が最も重要な評価基準であったため、このたぐいまれな色彩は中世の多くの人々を魅了しました。古代エジプトの女王の王冠、旧ロシア宮廷の王冠、イギリス聖エドワード王冠など、古来から王冠に縁の深い石と言えます。持ち主の色欲を和らげ、狂乱を鎮め、痔を治し、力と富を与え、毒素を追いやるエネルギーを持つ石であるというのが中世の人々の解釈だったようです。アメリカのニュー・メキシコにあるクロリエタマウンテンへ落ちてきた隕石の中にペリドットが混じっていたという話もあり、これらのパワーは宇宙からのメッセージなのかもと知れません。現在ではその美しさにも関わらず、産出量が他の宝石と比べて多いために、その価値は低く評価されています。しかしペリドットはゴールドと非常に相性が良く、これを組み合わせると何とも美しい色彩を際立たせることからファッションジュエリーなどの装飾品では根強いファン層を持っています。

原産国
オーストラリア、アメリカ、ビルマ、スリランカ
ペリドットを国石とする国
エジプト