ダイアモンド
獅子座の守護石
天秤座の守護石
牡羊座の守護石
魚座の守護石
4月の誕生石

心正しき人に与えられた、永遠の絆を約束する至上の輝き

宝石言葉 : 無垢、不滅、恋の勇気
地球上で最も硬く、永久不変の輝きをもつダイヤモンド。硬度10という、この物質を磨けるのは当然ダイヤしか存在しません。ダイヤモンドの語源はギリシャ語の「征服されざるもの」アダマスに由来し、30億年という気の遠くなる歳月を、地底数百キロのマントル層で高圧と高温に耐え続けてきたこの宝石ならではの称号といえます。日本名でも「金剛石」と呼ばれ、仏教の世界では「完全なるもの」を意味します。勝利の象徴だったことから戦士たちの守護石の役割を担ったり、王侯貴族の富や権力の象徴として扱われたりと、歴史の中で慄然とその存在を誇示し続けてきました。ダイヤが高価なのは、その美しさと硬度だけではなく、その希少性でもあります。1カラット(0.2グラム)のダイヤを得るには約4トンの採掘原石を必要とし、しかも宝石用として使えるのはその内の4分の1程度と言われています。結婚指輪として永遠の愛の証しにも贈られていますが、その発祥は最後の騎士と言われたオーストリアのアクシミリアン大公がその婚約者にダイヤを贈ったのが始まりです。ダイヤモンドを鉱物学的にみると、なんと炭や鉛筆の芯とまったく同じ成分からできており、ダイヤの持つ対照的な性質は、まさに自然が創りあげた奇跡としか言いようがありません。

原産国
ブラジル、インド、ロシア、ナミビア、南アフリカ共和国、ザイール
アンゴラ、オーストラリア、中国
ダイヤを国石とする国
英国、オランダ
ダイヤ選びの基礎知識(クオリティーを決める4つのC)
1. カラット CARAT ダイヤの大きさ
2. クラリティ CLARITY 透明度
3. カラー COLOR
4. カット CUT 仕上げ