古代からそれぞれの宝石には異なるパワーが秘められていると考えられてきました。

旧約聖書の黙示録に登場するエレサレム城壁の台座には12個の石が装飾されていました。

また「出エジプト記」で高僧は12の宝石を僧衣の胸当てに付けるよう記述されています。

誕生石、それは12の石が1年の月にあたると考え、その月に誕生した人を見守る守護石(パワーストーン)であるという信仰から生まれたのです。